簡単なことではない

ffxiv_20180223_232147.jpg

FCさまほりには色々な人がいる。

その中の一人、えうりーさんは僕から見ると丁寧で優しい人だ。

ちょっと譲らないところはあるけどそれでも相手の事を考えて行動してくれるずっと一緒にいても心地のいい人。

でもそれ故に、相手の事を考えてくれるが故に、心の奥で思った事があってもそれが誰かを傷付けるんじゃないかと思うとその事に関してはそのまま心の奥にしまう。

僕の目にはえうりーさんはそういう風に映っていた。

ffxiv_20180223_222912.jpg

この日もいつも通りトークンを集めるために僕たちはエキルレに行った。

ただ、いつもはFCメンバー4人で行くことがほとんどなエキルレにこの日はすずちゃん・えうりーさん・ニケの3人で行くことになった。

こうさんが記録的な早さで寝落ちしていたからだ。

こうさんはタンクがメインジョブなので3人でエキルレに申請するということはタンクさんだけが見ず知らずの人ということになる。

タンクが変わって一番苦労するのはヒーラーだ。

だけど週制限のあるトークンも集めたい。

ちょっと不安を覚えたけれど僕たち3人はそのままCFに申請した。

ffxiv_20180224_183412.jpg

コンテンツで一緒になったタンクさんはかなり敵をまとめる人だった。

ただPTメンバーの火力やヒール力等を見て敵をまとめていた訳ではないので明らかにヒーラーのえうりーさんは大変そうだった。

えうりーさんが一生懸命ヒールしているにも関わらずタンクさんのHPがすごい勢いで減るので、タンクさんの装備を確認してみるとIL330の未強化万物装備がほとんどだった。

IDに挑戦する上では何の問題もないけれど、敵を一気にまとめてコンテンツを進行するには少々頼りない装備である。

それにエキルレに指定されているIDにはみんなトークンが欲しくてやってくる。

そこでトークンを稼いで装備を新調したいからやってくる人がほとんどなのだ。

パッチ4.2のメインストーリーにIDは絡んでこないので今回はよりその傾向が強いだろう。

装備新調の為にエキルレに来ているということは、エキルレに挑戦は出来るが装備自体はまだあまり整っていないということ。

装備が整っていない状態で現行最高ILのIDで敵をまとめると単純に戦闘が大変になる。

タンクが柔らかかったり、被弾するDPSが多ければヒーラーの負担は跳ね上がるだろう。

そのせいでコンテンツクリア時間が通常の攻略よりも伸びることもある。

だからこそ最低でも装備がある程度整う時期まではエキルレのまとめはあまりおすすめされていない。

ffxiv_20180223_172238.jpg

僕はイライラしていた。

装備が整っているわけでもないのに敵をまとめて進行していくその姿勢にイラついてしまっていたのだ。

タンクがまとめることで大変になるのはヒーラーなので、この場合えうりーさんが何とも思っていなければ横から僕が口を挟むべきではない。

だけど「ちょっといいですか」と言いたいくらいイライラしてしまっていた。

そのイライラが溢れそうになった時にチャットログに発言があった。

「タンクさん」

すごく驚いた。

こういう事があっても相手の事を考えて滅多に何かを言ったりしないえうりーさんが発言していた。

「この先の敵をまとめられると私の腕じゃ支えきれないかもしれないので、このエリアだけはまとめなしにしてもらってもいいですか?」

そしてとても丁寧。

相手に失礼がないように、だけど自分の意見が通るように。

ffxiv_20180223_231325.jpg

簡単にできることではない。

相手の事を考え、その他のメンバーの事も考え、そして尚且つ自分の意見を伝える。

また相手のタンクさんも意見を聞いてくれる人で助かった。

こういう発言に急に怒り出して酷い言葉を投げかける人じゃなくて良かったと安心した。

最後のボス戦が終わってIDに3人だけになった後、えうりーさんはさっきの気持ちを僕たちに教えてくれた。

「もう緊張で心臓バクバクだったよw」

だけど言ったのか、このままでは良くないと思って、緊張でガチガチになりながらも言ったのか…。

単純にすごいと思った。

僕がえうりーさんの立場だったら同じことが出来ただろうか?

場合によってはさっき言っていた「酷い言葉を投げかける人」に僕がなっていたかもしれない。

でもそうはならず、ちゃんと相手に気持ちを伝えたえうりーさんがなんだか自分のことのように誇らしかった。

ffxiv_20180223_232150.jpg

成長してる、なんて僕がえうりーさんに言ったり、評価をつけることはおこがましくて出来ない。

出来ないけど、この時は思った。

すごい、成長してる。

きっと出会った頃のえうりーさんなら出来なかった事が出来るようになってる…!

ffxiv_20180224_005457.jpg

怖いけど、傷付くかもしれないけど、それでもそれを乗り越えて発言する。

酷い言い方をするのではなく、相手を傷付けてやろうと思うのではなく、真摯に相手に言葉を届ける。

人と接する上で大切なのはこの真摯さだと僕はこの日改めて思うことになった。

かっこいいって、こういう事なんだな。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

びっくりしたよね…あのこうさんのオリンピックレコード並の寝落ちスピード…w
こうしてブログ記事にされると恥ずかしくて「ひぃ」ってなるけど、あの時声をあげたのは後悔してない!
褒めてくれてありがとうだよー(*´∇`*)
人としても成長できる、それがFF14!

2018/02/26 (Mon) 20:35 | えうりー #- | URL | 編集
えうりーさんへ

あの日は早かったねぇ…w

声を上げるって大事なことだけどほんとに大変なことだよね。
「これはこうした方がいい」って頭では分かってるけど、でももし聞いてもらえなかったらどうしよう、酷い言葉が返ってきたらどうしよう…って思ってしまうこともあるし…。
それを乗り越えて発言したえうりーさんはやっぱりかっこよかったなぁ。

2018/02/28 (Wed) 22:17 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する