とりあえずでも一歩は一歩!

ffxiv_20150812_205838.jpg

見て見て、ニケちゃんめっちゃ嬉しそう。

なんかこれ見てるだけで幸せな気持ちになるわ~。

でも聞いて、今日のネタが…何もないねん。

何もないねん。

このブログ、不定期更新でしょ?そんな無理して更新しなくても…って思うよね。

更新は、したいんだ。

言わば久々の休みでゲームして遊び倒したいけど、肝心のそのゲームがない様な状況ですw

ffxiv_20150812_224534.jpg

だから今日は…

ニケ流友達の作り方を紹介するよ。

なんか内容重そうだけど、そんな事ないから!

お好きな飲み物片手にタイムをブレイクしながらご覧ください!

ffxiv_20150212_021615.jpg

始めてこの世界に降り立った時の事を僕はもう鮮明には覚えていない。

確かベータテストで始めたのが最初だったと思う。

最初に思った事は「めっちゃ綺麗やん…」だったような気もする。

それまでにオンラインゲームをプレイする事は何度かあったんですが、どれもすごく昔の体験なのでその記憶とのギャップで驚きがすごかったように思います。

ffxiv_20150215_035838.jpg

もう、すごい!すごい!の大連発!

やったことのあるオンラインゲームはとてつもない数の敵を倒してこい!だとか、とてつもない数のアイテムを集めてこい!だとかばっかりだったのでお手軽にぽぽん!とレベルが上がるFF14にはびっくりしました。

しかも倒してくる敵の数も、集めてくるアイテムの数もすっごい少ないしね!最初は何の冗談かと思いましたw

勿論大量に倒したり集めたりするのが悪いとは言いません。

それを楽しんで遊んでたりもしたしねw

ただ、ぽぽん!とレベルが上がるという事は一人でも十分に遊べるという事。

FF14にはCFやPT募集等もあるのでその場のメンバーだけでコンテンツをクリアする事が比較的楽に出来ます。

それ自体はとってもいい事です。

が!

さくさく進んで来た為に気が付いた頃にはフレンドもまだおらず、いつの間にか初心者マークも外れてしまっている…。

そんな状況になる事も少なくはありません。

ffxiv_20150220_235105.jpg

そんな時に思う訳です、あんなに綺麗な景色なのに、こんなに色々な所にいけるのに僕は一人だ…。

寂しい。

この寂しいと言うのは難敵です、この強大な敵を前に引退してしまう事も少なからずある訳です。

これは僕が聞いた話ですが、チャットログからもその寂しい状態が分かってしまうのです。

レストエリアに入った!
レストエリアから離れた。
レストエリアに入った!
レストエリアから離れた。

一日のログがこれだけになったりする事もあるようです。

確かにこれは寂しい。

こういう状態が続くとやっぱり誰かと話してみたい!一緒に遊んでそれを共有したい!そう思う事もあると思います。

そういう時に何が必要か?

全然特別な事ではないです、100mを9秒で走れとかそんな技は求められません。

でも緊張はするかもです。

それは

ffxiv_20150220_235244.jpg

一歩踏み出すという事。

緊張もするし、怖いとも思う。

だけど自分から一歩踏み出さなければ何も変わらない。

必ずしも、という訳ではありませんが頑張った分だけちゃんと返ってきます。

仮に望むような結果にならなかったとしてもその努力が0になる事はありません。

とりあえず、声を掛けてみる。

喋る話題が見つからないなら何ならシャウトでもいい。

「誰か友達になってくれませんかー!」

現実の世界でこれをやると受け入れられない事も多いかもしれない、「何だあの人…」「関わらない方がいいかも」何て言われることもあるでしょう。

でもここはオンラインゲームの世界だから!少なくともゲームが好きな人達が集まってる訳だから!そんな中に優しい人や、僕の様なおせっかい焼きは必ずいます!

ffxiv_20150303_014723.jpg

でもなニケさん、一歩踏み出さなくても勝手に声掛けてくれる事もあるで?

それもそうだ。

僕もFCに人を勧誘してる時は若葉マークの人達に声を掛けたりしていました。

自分から踏み出さなくても相手が踏み出してくれれば何とかなる。

訳がない。

もしなったとしたらそれは僕が言う"友達"とは違うものなんだと思います。

例として誰かに声を掛けられて何とはなしにFCやLSに入ったとします。

何をどうすればいいか分からないけど、とりあえず自己紹介だけでもします。

「ニケと言います、よろしくお願いします」

「よろしくー」

「おー新人さん!」

「何かわからない事があったら聞いてねー!」

これ、たった一言しか話してないですがそれでも一言話したわけです。

もっと言えば最初に声を掛けられた時に無視して行ってしまえばこの出会いはなかった訳です。

自分から声を掛けるにしろ、相手から掛けられたにしろ、ちょっとでも気になるなって思って関わったんですよね?

それじゃあそれは、とりあえずでも一歩は一歩だよと!僕は声を大にして言いたい訳です。

声を掛けられた事よりも、それに返事を返したことが重要な訳です!

ffxiv_20150215_041355.jpg

ニケ流友達の作り方なんて言ってますが、すっごい当たり前のことを言ってるだけですw

当たり前だけど難しいんだよ!って思われた方、わかります、僕だって声を掛けるのは今でも緊張しますから!

でも頑張りには頑張りがいつか返ってくるから!

とりあえず一歩踏み出してみるのはどうでしょうか?

sayでもyellでもshoutでも、何ならロドストの日記やツイッターでも構いません。

素敵な出会いが待っているかもしれませんよ!

ffxiv_20150215_042617.jpg

この記事を読んで一歩踏み出せた人に、素敵な出会いとクリスタルの導きがあらんこと!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する