かいはつしつ

ffxiv_20150827_235538.jpg

紅蓮祭、新生祭共に終了しましたね!

終わってしまって少し寂しくもありますが、終わったからこそ詳しく書ける訳でもあります!

ffxiv_20150827_235542.jpg

コツコツと足音を鳴らしながらどなたかが歩いてきます。

ニケちゃん驚愕、僕半笑い。

ffxiv_20150827_235626.jpg

僕は「ヨシダ・ナオキ」


歩いてくるシーンで大体の方が予想はついたとは思いますが、単純にすごいことですよねw

確かに今までのゲーム史の中で開発の人がゲーム内に登場する、と言う演出はありました。

しかしそれはオフラインゲームでの事、オンラインゲームの中でそれが行われた、と言うのは僕のオンラインゲーム歴が短いという事もありますが、FF14を除くと聞いた事も見た事もありません。

ffxiv_20150827_235640.jpg

優しく微笑む吉P。

いい顔してるなぁ。

あなた達が一生懸命作ってるゲームは面白いです!

人と人が触れ合うゲームだから勿論トラブルもあるけれど、それを超える感動だってたくさんあります。

そう言えばこの「かいはつしつ」ですが、FF4にもあるんですね!

他の方の記事を読んで初めて知りました。

ffxiv_20150828_001744.jpg

正直僕はFF14どころかFFについてそこまで詳しくありません。

開発の方の名前も知らない人だらけですし、今まで誰が何をしてきたのかもほとんど知りません。

情報や気持ちを発信する側としては「知っている」と言うのはとても重要な事です。

「知っていて」情報を使わないのと、「知らなくて」情報を使えないのでは雲泥の差です。

ffxiv_20150828_001042.jpg

この人はソケンさん。

知っている人はそりゃあ知ってますね!むしろ知らないの!?と僕は言われてしまうかもしれません。

まぁついこの間までは知らなかった訳ですが…。

それこそこの間までは「どこかで聞いた事のある珍しい名前の人」位の認知の仕方でした。

でも14時間生放送やこの「かいはつしつ」のお陰で知るきっかけを得ることが出来ました。

ソケンさん、面白い人ですねw

ffxiv_20150828_000427.jpg

他の方達だってそうです。

正直まだ顔と名前が全然一致しませんし、もっと言ってしまえばこの「かいはつしつ」にはいない多くのスタッフさんがいる訳です。

今回の新生祭ではそんな人達に思いを馳せるいいきっかけに僕はなりました。

ffxiv_20150828_000459.jpg

ffxiv2_20150828_001521.jpg

こっちの方が楽しい! もっと強くしてみるか…?

こんな感じで相談して作ってるのかなぁ~。

ゲーム好きだからこういうの見るだけで何か嬉しくなっちゃいますねw

ffxiv_20150828_001822.jpg

今は旧14と呼ばれている新生前のFF14、僕はその頃のFF14では遊んでいません。

なのでその頃のFF14の楽しさや不満、運営等の事は情報では知り得たとしても、その時のみんなの気持ちまでを知る事は出来ません。

それでも言わせてもらいたい事があります。

FF14は一度失敗しています。

だけどその失敗があったからこそそれを原動力に今のFF14があります。

以下は新生祭で吉Pが語ってくれた言葉です、どうしても多くの人に見てもらいたかったのでちょっとサイズが小さいですが大量のSSでお伝えします!

ffxiv_20150828_002332.jpg

ffxiv_20150828_002338.jpg

ffxiv_20150828_002341.jpg

ffxiv_20150828_002358.jpg

ffxiv_20150828_002411.jpg

ffxiv_20150828_002423.jpg

ffxiv_20150828_002438.jpg

ffxiv_20150828_002449.jpg

ffxiv_20150828_002501.jpg

ffxiv_20150828_002513.jpg

ffxiv_20150828_002516.jpg

ffxiv_20150828_002531.jpg

熱い想いが伝わりました。

すごいよね、キャラクターがいて動きがあるとはいえ文字だけで気持ちが伝わってくるんだから。

ffxiv_20150828_002536.jpg

ffxiv_20150828_002541.jpg

どうやら「かいはつしつ」ともそろそろお別れの様です。

ffxiv_20150828_002553.jpg

ffxiv_20150828_002605.jpg

果たして今の体験は夢か幻かそれとも現実か。

どれだとしても「かいはつしつ」で僕が分けてもらった熱い想いは本物ですね。

ffxiv_20150828_002751.jpg

新生ファイナルファンタジーXIVは2周年を迎え、3周年に向けてまた走り出しました。

そして「ファイナルファンタジーXIV」と言うゲームは9月30日で5周年を迎えます。

これからもそりゃあもう色々あるでしょう!

その「色々」も含めてこれからのファイナルファンタジーXIVが楽しみです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する