アバラシア雲海の秘密

ffxiv_20150914_035623.jpg

モルボルをブッコろせ。

このFATEのタイトルがつくづくすごいと思う。

今日はアバラシア雲海の景色のお話し!

ffxiv_20150914_215639.jpg

イシュガルドについて割とすぐにこれるアバラシア雲海、こっちの景色が全部雪ではないとは聞いていましたがこんなにも違うとは…。

最初はイシュガルドは全体的に寒そうなイメージで来ていたので良い意味で期待を裏切られました!

ffxiv_20150914_215651.jpg

ffxiv_20150914_215658.jpg

アバラシア雲海の魅力、それは間違いなく雲海。

ファンタジーの世界にいるからには日常生活では見る事の出来ない景色を見れる訳ですが、雲海が見れるのには感動したなぁ。

しかも島とか建物が雲海の上に浮いてる訳ですからね!

「クロノトリガー」の魔法王国ジールを思い出しました。

ffxiv_20150914_215707.jpg

標高が高いからか風のエーテルが豊富だからか、どちらにせよ風車は欠かせないと思う。

ffxiv_20150914_215824.jpg

シープと追いかけっこしてる子供や、

ffxiv_20150914_215830.jpg

畑なんかもあります!

空に浮いた島の上に畑があるだけでなんか感動しました。

下に地面ないのに育ってるー!!って。

まぁ地面はあるんですがw

ffxiv_20150914_215838.jpg

ffxiv_20150914_215845.jpg

育っているのはなんとかぼちゃ!

食べたいのか何なのか、かぼちゃを狙うシープ。

ffxiv_20150914_220226.jpg

明らかに危険な香りを漂わせる食虫植物。

僕が通っていた小学校のプランターには「オジギソウ」という植物が植えられていました。

葉っぱのところをちょんとしてやるときゅ~っと縮こまるんですが、その様がおじぎをしているように見えるんですよね。

ちなみにオジギソウはこんな明らかに何かを食べるような恐ろしい造形はしてません。

ffxiv_20150914_220244.jpg

ちょっとお邪魔しますよ。

記念に食べられてみました。

SSでは緊張感は伝わってきませんが、撮影してる時はいつ葉っぱが閉じて食べられるかドキドキしながら中に入っていきましたw
ちなみに実際に食べられるかどうかですが、試してみてくださいw

どっちだったとしてもここで教えてしまうよりはドキドキしながら中に入っていって貰いたい!


さぁいよいよ本日のメインですよ!

僕がアバラシア雲海の秘密と呼んだその場所がここ!!

ffxiv_20150914_220335.jpg

ハート島。

実際はプロヴェナンス島、という名前なんですが見事なハート型なのでそう呼んでます。

ちなみに僕が調べた限りではプロヴェナンスは起源や出所と言った意味らしいです。

このハートの形をした島こそが実はアバラシア雲海の始まりなのかもしれませんね。

ffxiv_20150914_220429.jpg

ちなみに上陸してしまうとハートかどうかは分からなくなっちゃいます。

俯瞰で一番引いて見ればもしかすると…?

アバラシア雲海は黄昏時も最高に綺麗なのでエタバンをした後に2人でこの島にきて夕暮れを見るのもいいかもしれませんね。

ffxiv_20150914_220504.jpg

今回はアバラシア雲海に焦点を当ててみましたが紹介したい景色はいっぱいあります!

FF14は景色一つとっても非常に楽しめるので、お気に入りの景色を探すのも楽しいですね。

最後は僕おすすめのアバラシア雲海の夕暮れでお別れしましょう!

ffxiv_20150914_222205.jpg

太陽が雲に溶けていく。

そんな表現がふと出てくる景色でした。

溶けていくところは実際に自分の目で見てみて下さい!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する