サスタシャ浸食洞前の変化

ffxiv_20150914_235522.jpg

ある日家に帰るとボムバルーンに乗ったララフェルがいた。

最近ようやく手に入れたボムバルーンを見せびらかしに来たらしい。

とても嬉しそうだ。

ffxiv_20150914_235550.jpg

彼女はボムバルーンをシャンシャン上下に揺らしながら気持ちを体で表現した。

言いたい事は分かっている、2人乗りでないそのマウントに2人で乗りたいんだね?

ffxiv_20150914_235926.jpg

乗った。



ニケです!

今日はサスタシャ浸食洞前のお話し!

ffxiv_20150915_014044.jpg

サスタシャハードのクエスト報告がまだ終わってなかったので久々に寄った時に気が付いた変化でした。

何やら見知らぬ男性が立っています。

ffxiv_20150915_014053.jpg

ねんがんの エーテリアルそうびをてにいれたぞ!

元ネタはロマンシングサガのガラハドと言うキャラクターの台詞みたいですね。

僕はロマサガはやったことがないんですが、この台詞だけは有名なので知っていました。

今度ロマサガもやってみよう…。

ffxiv_20150915_014056.jpg

話しかけると選択肢が3つ出ます。

「殺してでも うばいとる」がなくて良かったw

ちなみに一番下の「そう、関係ないね」も元ネタの選択肢の1つです。

せっかくなので順番に質問してみる事にしました。


【エーテリアル装備とは?】

ffxiv_20150915_014102.jpg

ffxiv_20150915_014105.jpg

ffxiv_20150915_014118.jpg

知らなかった!!

エーテリアル装備って装備ごとに性能が違うのか!!

大迷宮バハムートをクリアして、3.0のメインストーリーを終わらせた冒険者でも知らない事はまだまだあります。

これはすごく勉強になったなぁ。

ちなみにまだ試してはいませんが、最近知った情報だと「古アムダプール市街地」にいるグレムリンが使ってくる悲観のデバフは、エモの「励ます」「なぐさめる」で治すことが出来るそうです!

【エーテリアル装備の入手法は?】

ffxiv_20150915_014130.jpg

ffxiv_20150915_014139.jpg

ffxiv_20150915_014142.jpg

これも全然知らなかった!!

FF14の世界では命が尽きると魂であるエーテルは砕け散りエーテル界に還っていくのです。

エーテリアル装備は砕け散ったエーテルがエーテル界に還る時にほんの少し自分の武器に力を与えた物、いわばその人の生きた証なんですね。

そんな事教えられたらもう気軽にグランドカンパニーに納品なんか出来なくなるよ…。

ともあれガラットさんは「念願の【エーテリアル装備】を手に入れた」訳です、大切に使ってあげて欲しいですね。

ffxiv_20150915_014215.jpg

自分の腰装備を貫通していますがね。



サスタシャ浸食洞前と言えばアヴィール率いるPTも有名ですね。

どっちかと言うとエッダちゃんの方が有名ですが!

勿論サスタシャ浸食洞前には今も変わらず4人組のPTがいます。

ffxiv_20150915_014233.jpg

クラスも種族も性別もまるっきり同じ。

ただし彼らはアヴィールでもエッダでもなく別人です。

せっかくなので4人とその台詞をSSに収めてきました!

ffxiv_20150915_014352.jpg
ffxiv_20150915_014325.jpg


ffxiv_20150915_014400.jpg
ffxiv_20150915_014331.jpg


ffxiv_20150915_014412.jpg
ffxiv_20150915_014340.jpg


ffxiv_20150915_014420.jpg
ffxiv_20150915_014338.jpg


なんだかみんな口調が柔らかくなったなぁ…。

エッダちゃん達とは別人なので違うのは当たり前だけど、運営がわざわざここに似たようなPTを置いた意味を改めて考えさせられました。

エッダちゃん達はああ言った形でPTが解散してしまい、最後は奈落へと落ちて行ってしまったけどそれでも最後は幸せだったのかな。

それともまだ”最後”じゃないのかな。

ffxiv_20150915_015336.jpg

詳しい事は運営のみぞ知る、ですがエッダちゃん達がギスギスに直面したように、僕達にもギスギスは訪れるものです。

その時僕達がどういった対応をするか、どれだけ相手を思いやるかでその後は大きく変わってきます。

人間変わるのは非常に難しい事ですが、その先にみんなとのわいわい楽しい!が待っているとすると、頑張って変わってみるのもいいと思える、そんな発見でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する